パンマルマスターについて

日韓の言語の壁を低くしたい

 

はじめまして。管理人の「사토」です。

panmal-profile1

パンマルマスターに来てくれてありがとうございます。

 

はじめにこのサイトの説明をしますね。

 

このサイトは

 

  • 〜ながら、片手間で韓国語を習得したい人
  • よりリアルな韓国語を知りたい人
  • 本当によく使う・使える韓国語が知りたい人
  • 韓国語のタメ語を知りたい人
  • 韓国語でひとり言がしゃべれるようになりたい人
  • 韓国人のお友達とタメ語でラフに話ししたい人
  • 家事・育児やらで勉強時間がとれない人
  • なにから韓国語を始めたらいいかわからない人

 

こんな人たちのために作りました。

 

そういった意味で残念ですが韓国語のかしこまった表現が知りたいよ〜って人には向いていないかもしれません。

 

でもその代わりめっちゃリアルな韓国語は覚えれると思います。

 

そういう韓国語が知りたかったら見ていってくださいね。

 

パンマルマスターの目的はこんな感じです

 

このサイトの目的ですが

 

このサイトにきてくれた人が

 

『タメ語で楽しく韓国語を話せるようになること』

『本当にちゃんと使える文が自分で作れるようになること』

『ものごとを韓国語で考えることができるようになること』

『ひとりでもスラスラと韓国語を話せるようになること』

『日韓ちゃんぽん語が自然とできるようになること』

 

こんな風になってもらうっていうのが目的です。

 

なんでそう言えるの?ってことですが

 

その理由は目でも耳でも吸収できるリアルな韓国語が聞けるコンテンツがあるから。なんです

 

韓国人ネイティブが話す動画コンテンツ

panmal-master-youtube

サイトの記事内YouTube動画で音声・視覚からの勉強をすることができます。

 

音声動画ですが、韓国生まれ韓国育ちの100%韓国語ネイティブの人と一緒に協力してもらって作ってるので、安心だし、よりリアルな生の声が届けられるって話になってます。

 

僕は教材によくある、機械から流れてる声みたいなのをいくら聞いてもそれは正直意味ないと思ってるんです。

 

だってその発音とか抑揚とかをそのまま真似しろってわけでしょ?

 

そんなの聞いたらみんなの韓国語が逆に不自然になっちゃうんじゃないかって思うんです。

 

それよりもリアルな生の韓国語を毎日聞いてくと耳が慣れてきて、で次に口が慣れてきて、最後に頭が慣れてくるんで、そうなることの方が大事ってわけなんです。

 

で、その音声動画ですが『3つのステップ』があって、これに沿ってやってくとより効果が上がるので試してみて欲しいんです。

 

Step1. 耳で聴く

①まずは音声動画で耳を慣らして、感覚をつかもうって話です!

 

まずは耳で聴くこと!

 

どの言語学習にしたって耳を慣らすって基本中の基本ですよね。

 

リスニングしないで喋れるようには絶対なりませんよ〜!

 

子供はなんで生まれてから言葉を教えなくてもふつうに話せるようになるのか?ってことを考えればよくわかると思うんです。

 

それって、お母さんとかお父さん、兄弟、姉妹、親戚、友達の間で話してるナチュラルな会話を毎日毎日聞いてるからなんですよね。

 

でもなんで自然な会話が身につくの?っていうと

 

それはうちらの日常生活の過半数を占める『タメ語』を毎日聞いているから。

 

タメ語を聞き流すっていうのは実はその自然な流れを作るもとになるんですよね。

 

Step2. 声に出す!

②次ですが、音声動画を聞きながら口に出して一人でしゃべってみて欲しいんです。

 

「韓国語を聞いて韓国語がなんとなく耳に入ってくるようにはなった」

 

こうだったらいいですよね〜。でも、それって本当??ってことなんです。

 

実は「聞いたことある」のと「知ってる」のとだと全然違う話なんです…!

 

しかも「知ってる」だけじゃなくて「わかってる」のレベルに持っていくんだったら声に出すことは絶対にしないとダメ。

 

実は人ってアウトプットの時に一番吸収するものって言われてるんですよ。

 

アウトプットが一番のインプットだなんてめっちゃ不思議ですよね!

 

でもこれは本当の話。

 

声に出して、イメージすること。これをやると君の韓国語レベルは今よりもっと伸びるはずなんです。間違いありません。

 

Step3. 頭が慣れる!!

③。そして、最後には頭が慣れてきて、最終的には頭の中で日本語と韓国語を行ったり来たりするはずです。

 

つまり、日韓ちゃんぽんみたいな状態になるってわけです。

 

現に韓国語が全然できなかった管理人の僕がそうでした…。最初は

 

  • なにを言っているかさっぱり理解できない。
  • 知っている気になっていたけど何となくで理解していた。
  • 聞ける気になっていたけど実は返答ができない。
  • 覚えてもすぐ忘れる

 

こういうのの原因って、脳みそがまだ『韓国脳』になっていないからなんですよね。

 

そんでこれは「自転車の原理」と同じこと。

 

自転車って一回乗れるようになってしまえばそのあともずっと乗れますよね?

 

でも乗れるようになるまでは失敗とかチャレンジの連続だったはず。

 

韓国語も同じこと。

 

  • 間違った発音で言ってしまう。
  • 韓国人が使わないオリジナルの文を作ってしまう。
  • 文字が早くキレイに書けない。

 

こんな失敗ばかりなんですよ。。。

 

でもね、一回ナチュラルな韓国語を身につけちゃえば、日本語と韓国語の切り替えは瞬時にすることができるんですよ!

 

なんでかっていうと、それは…

本当に使う・使える韓国語を知っていることによる自信が持てるから。

 

ここでちょっと当たり前な話なんですが、、

 

自然な会話って毎日の日常から生まれていますよね?

 

このパンマルマスターYouTube動画を通して日常で使われる自然な言い回しを覚えて、すぐに切り替えられる『韓国脳』を作ってくださいね!

↓動画はこんな感じです(sample)↓

まだ動画がない記事に関しては少しお待ちください。

毎日一生懸命やってますので、よかったらこんなの欲しい!とかコメントもらえると嬉しいです。

韓国語、流暢に話したいと思わないですか?

こう思ったことってあったりしませんかね…

 

  • 韓国人みたいに話せたらなぁ…
  • 話したいけど発音が変って思われたら嫌だな…
  • なんか自分の知ってる韓国語とドラマの韓国語が違うような…
  • なんか自分の韓国語は『カタイ』気がする…

 

こういうのの原因ってだいたい、不自然な韓国語を勉強しちゃったからがほとんどなんですよね。

 

一般的に売られている韓国語の教材とかテキストのほとんどってTOPIKやハングル検定試験とか、いわゆる「テストのため」に売られてますよね。

 

そういうテキストの中身って基本的に丁寧語で書かれているものがほとんどですよね。

 

だからくだけた表現とかスラングとかを知らないままになっちゃうんですが、

 

実はこれが大きな落とし穴です。

 

もちろん、丁寧語を覚えるなというわけじゃありませんし、必要なものなんですが、それだとどうしても言葉が硬くなっちゃうんですよね。。。

 

しかも人の言語の成長過程において言ったら、一般によく使われる日常会話から覚えるのがどう考えても自然です

 

ごく一部の人を除けばふつうは生まれてすぐからずーっと丁寧語で物事を覚えませんよね?

 

うちらはいわば韓国語年齢0才からスタートしているんですから

 

1才・2才・3才って徐々に成長していくのが当たり前です。

 

つまり

 

『普段よく使われるラフで簡単な言い回しから何度も繰り返し使っていくことが韓国語習得の一番の近道』

 

っていうことなんです。

 

「でもさ、話す相手がいなかったら意味ないじゃん」

 

って思ったならそれは誤解で、

 

さっき言った子供の話じゃないですが、言語の習得には『口に出す自然な言い回し』が一番大事なんです。

 

話し相手がいる必要はなくて、ひとり言ができればいい。

 

「〇〇に行こうっと」

「シャワー浴びよっかなぁ〜」

「やばい、早く行かなきゃ!」

 

実は、こんな感じの普段の生活で出てくるふとしたセリフが学びの時間なんです。

 

今、この瞬間に思ったことを口に出すってことが学習の肝なんですよね。

 

「〜パラムニダ」とか「〜ハシプシオ」とか覚えてどうするの?って話

韓国語の勉強をしていくと、丁寧語とか尊敬語とかいろいろ出てきますよね。

  • ~해
  • ~해요
  • ~하세요
  • ~하십시오
  • ~하시기 바랍니다

 

こういうのだけじゃなくって他にも韓国語はいっぱい表現があります。

 

むしろありすぎるから韓国語初心者が路頭に迷っちゃうってわけです。

 

なんたって管理人の僕がそうだったんで笑

 

使い分けるんだよな〜って頭ではわかっているんですよ!

わかっているんですが、口にするってなると一体どれが正解なんだかよくわかんなくって息詰まっちゃてました。

 

イザ!って時に『う……。』ってなっちゃって喋れない。。

 

これじゃあせっかく勉強したって言っても実力の何%も出せてないってことなんですよね。

 

つまりは極論ですが、使わない言葉の勉強は「時間のムダ」だってことです

 

普段よく使う言葉をよく勉強して、普段あまり使わない言葉はできるだけやらないこと

 

これがホンッッッッット大事です!!

 

僕らの時間って実は、たくさんあるようであまり無いんですよね。

 

なるべくだったら効率よく韓国語を習得したい。

もしそうじゃなかったとしても早く覚えれるにこしたことはない。

 

そのためには

 

できるだけリアルな言葉や例文だけを見て聞いて話すことがポイント

 

なんです。

 

これはとある有名な芸術家に直接に聞いた話なんですが、

「絵が上手くなるために何をすればいいんですか?」っていう問いにその人はこう答えたんです。

 

『良くないものは見ないで、良いものだけを見ればいい。たったそれだけだよ。』

 

その時僕は言葉を失いました。

上手くなるための理由はすごくシンプルだったんだなって。

 

『パンマルマスター』『タメ語ですぐ使える韓国語YouTubeチャンネル』韓国在住の管理人が、できるだけリアルな韓国語だけを集めたサイト・チャンネルです。

 

だから、もっともっとリアルな普段の韓国語を知ってもらえるんじゃないかと思ってますし、そうありたいと思っています。

 

より「リアル」にいっぱい触れて見て聞いてしゃべってみることが何よりも大事なことなんです。

 

『ひとり言学習』のススメ

僕は『ひとり言学習』が韓国語学習初心者がある一定のレベルまでいくためには一番効果あると思っています。

 

「ひとり言学習」っていうのは、読んで字のごとく、一人でボソボソと喋ること。

 

一見変に思えるかもです笑 ですが、これ実は効果絶大。

 

っていうのも、もともと僕は机に向かってカリカリ勉強するのが苦手なタイプだったんです。汗

 

それよりも早くしゃべれるようになりたい!って方が強かったんですよね。

 

でもどうすればスラスラしゃべれるようになるんだろ…

 

って考えて考えて考えた末にこの『ひとり言学習』に行き着いたってわけなんです。

 

とにかく今、頭に浮かんだことを全部韓国語にしてみる!

 

結局、自分に合った言葉って自分の頭で考えたことにしか過ぎないんですよね。

 

人の言葉って忘れちゃうもんだし、よく使う言葉って人によって違います。

 

自分の言葉が韓国語でしゃべれないってことは旅行行っても使い物にならないってこと。

 

それっていわば基礎がすっぽり抜けちゃってる状態なんですよね。

 

毎日の思いつく小さなことを韓国語で言うこと。これがあなたにとっての【本当の基礎】なんです。

 

基礎固めに聞いてもらう相手は必要ありません。

 

  1. 一人で言ってみる。
  2. 言えないなら調べる。
  3. わかったらまた言ってみる。
  4. よく使う言葉は日常化させる。

 

これを繰り返せばいいだけです。たったそれだけです。

 

あ、でたまに日本人で韓国語話せるよって人の中に、韓国語ばっかり喋ってるから日本語忘れちゃったとか言う人いるんですが、これは迷信、ていうか妄信です。

 

日韓バイリンガル歴長い僕が言うんで間違いないと思うんですが、日本語忘れることは基本的にないんで大丈夫です。

それよりかはとにかくいっぱい韓国語喋ったほうがいいです。

 

ある研究によれば、たくさんの言語を使っている人ほど言語の習得と定着に有効だってことが解っています。

 

このパンマルマスターってサイトには、現地で本当によく使われる言い回しを集めてるんで、よかったら参考にしてもらって、自分だけの基礎固めをしてみてくださいね^^

 

ちまたには使わない例文が転がっている

韓国語学習者が陥るポイントの一つに、そのまま使える例文がない。っていう問題があって、これがまた厄介ものです。

 

これも僕が経験したことの一つ…。泣

 

韓国語の勉強しよう!って思った時に、テキストとかネットで調べるんですが、、、

 

「どれも使えない例文ばかり…泣」

 

ことごとく、これいつ使うの?って例文ばっかりだったんです。

 

うーん、これじゃあ伸びないよなぁ韓国語。

 

なのでもう、自分が作ろうって思いまして。

 

本当に現地で使われてる言葉で、読者が使いやすそうな韓国語を現地から届けよう

 

ってそう思ったんです。

 

もっとリアルな韓国語を知りたいって思ってる人、ネイティブに近づきたいって思ってる人、

 

自分が歩んだ無駄な勉強時間を過ごしてほしくない

 

同じ道を歩んでほしくない、そんな思いで作ったサイト・動画なのでよかったら有効活用してやってください。